函館大谷短大との連携函館大谷短期大学との連携

継続はチカラ ひとつの事を極めたい。
そんな願いをかなえます。

未来に向かってさらにステップアップ 5ヵ年一貫カリキュラム

 

高等学校3年間

一人ひとりの個性をいかした選択講座

+

短期大学2年間

専門的な知識と実践的な技術でエキスパートをめざす

 

高校卒業後、さらにレベルアップしたい方は短大へ進学し、5カ年一貫カリキュラムでしっかりとした実力を身につけ、また、さまざまな資格取得を目指します。

函館大谷短期大学へ進学する3つのメリット

  1. 入学金の免除
    全員、入学金(220,000円)を全額免除します。

  2. 授業料の減免
    全員、授業料の一部(300,000円)を2年間減免します。

  3. 文化・スポーツ特待生制度
    文化・スポーツ活動が地域社会に高く評価され入学後も活動を継続する学生に授業料の一部(年間100,000円)を2年間減免します。

短期大学と連携した選択講座

オープン選択講座等1・2・3年 高校3年間 -> 短大2年間 コミュニティ総合学科 就職先
情報科学 3年のコンピュータ授業は、「高校・短大」の先生によるTT授業を実施しています。
更に、上級の資格取得を目指し短大での授業への繋がりを持たせています。
一般企業
韓国語 隣国の文化を学び、基本的な日常会話や読み書きができるように目指します。 ホテル・貿易会社など



オープン選択講座等1・2・3年 高校3年間 -> 短大2年間 こども学科 就職先
ピアノ 短大の「こども学科」で必要なピアノの学習を、短大ピアノレッスン室で行います。
少人数で実施し、落ち着いて楽しく技術の習得が出来るように、
個室を使用し個人レッスン的授業展開をしております。
幼稚園/保育園など


函館大谷短期大学

新しい時代を感じ取り、豊かな創造性を発揮する。地域社会の要請に応えるスペシャリストを目指します。

コミュニティ総合学科 就職率(2017.3.31.現在) 100.0%

コミュニティ総合学科では、「コミュニケーション心理」「情報」「ビジネス実務」の三つのカテゴリーの中から一つを選択し、それぞれの分野を少人数のゼミ形式で、より高い専門的な知識や技術を身に付けた人材を育成します。

取得資格

●秘書士 ●情報処理士 ●介護職員初任者研修 ●社会福祉主事任用資格 ●プレゼンテーション実務士 ●ビジネス実務士
○メディカルクラーク(医療事務) ○ITパスポート ○基本情報技術者 ○カラーコーディネーター2級・3級 ○日商PC検定 ○日商簿記3級 ○販売士2級・3級

学科の特徴
  1. ビジネス実務カテゴリー
     「地域ブランド」「地域活性化ビジネス」「マーケティング」「キッズビジネス」などを学び、実際にビジネスで活用できる実践力を養います。
  2. 情報カテゴリー
     情報システムを使いこなし、ビジネスに活用できる人材を育てます。情報通信技術(ネットワーク・プログラミング・セキュリティーなど)を習得し、実践力を身につけます。
  3. コミュニケーション心理カテゴリー
     社会で最も必要なコミュニケーション力(意思疎通力、協調性、自己表現力)を育てます。コミュニケーション学や関連領域(社会心理学、産業心理学、情報学、ビジネス学)を基盤に、様々な実践力を身につけます。

こども学科 就職率(2017.3.31.現在) 100.0%

2年間で、教育・心理・福祉の観点から、人間そのものを総合的に学び、いまの時代にふさわしい「こどもの専門家」を目指します。

取得資格

●幼稚園教諭二種 ●保育士 ●社会福祉主事(任用資格)
○福祉住環境コーディネーター ○ピアヘルパー  ○教育カウンセラー補

学科の特徴
  1. 多様な専門性を身につける
     幼稚園教諭・保育士として必要な、専門的な知識・技能を身につけます。保育の本質を理解し、学問的な裏づけを持った実践能力、主体的・創造的に取り組む優れた指導力、思いやりに満ちた人間形成を目指します。
  2. 現場で活かせる新しい情報保育力の育成
     パソコンを使ったデジタルアートなどの視聴覚や、園だより作成などの広報力、情報管理などを学びます。保育現場ですぐ使える情報力は、新しい保育の世界を広げます。
  3. 総合的な実践力の強化
     ひとつひとつの専門性を確実に身につけ、自分を活かしながら総合的な表現力を磨いていきます。学習はもちろんのこと、サークル活動、卒業研究発表会、ボランティア活動など、多くの豊かな経験がより高い実践力を持った保育者を育てます。
  4. 協調性のある良好な人間関係の構築
     就職後に最も必要とされるコミュニケーション能力を高めていきます。自他ともに大切にし、すべての人にあたたかな心と優しさを持った、ともに育ち合うことを大切にする心豊かな保育者・支援者を目指します。
●:所定の科目を履修し、卒業することによって取得できる資格
○:国家試験や検定などを受験し、合格することによって取得できる資格